北海道 公演について

こんにちは。

チャーリーです。


先日、北海道在住の方より大切なお便り頂きました。

こうして、僕が書き始めるきっかけを下さいました。


北海道胆振東部地震に被災されている皆さま


突然の自然の猛威に瞳を閉ざされた方々には、

心より哀悼の意を捧げ、

復興にご尽力されている皆さまには、

光明に照らされていることを祈っております。



-遡ること 震災前の7月-


北海道公演を催すことを、

ジェームスと話題になった時、

私は、翌日には厚真町を訪れようと計画しました。



3年前に1度を訪町してから、

厚真町役場をFacebookでフォローしたり、

小中学校で出される給食を眺めることが、

日課であったのです。



震災があった日、

やはり私の周りの空気は一瞬にして、

ゲル化してしまったようでした。



正直言えば、

あの数日間、私は公演のことを、

一切忘れておりました。



北海道在住の知人や、

更新され行く情報を集めることは、

単なる個人的な心証主義に、

この大地がいかなる傷を負ったのかを、

胸に刻む日々を過ごしておりました。



さらにはボランティアへの参加を

心に決めておりましたが、

道外からの参加は叶わないことも知るのです。



私がここで記すべきことが、

何であったのか、

どこかのテーブルに置き忘れてしまいました。



気象庁や地震調査研究推進本部などに

客観的な自分の判断を委ねながら、

やはり最終的な公演判断をするのは

心証主義的な私という自己の既知より

由来する他ないのです。



さらには、

それは芸術家の一端であろうとすれば、

「全ての事象を、自身の眼で再定義する」

ことを目的とした行動こそが、

本来的であると言えるのです。



今までの私が判断してきた、

すべての反射行動と同じように。



これからも、どうぞお付き合い頂ける方には、

新しい何かを見いだせる様な

表現をしていきたいと願っております。



9月29日にお会いできる方々には、

この今にふさわしい時を過ごせるよう、

心待ちにしております。



では。

チャーリーより。




ジェームスアンドチャーリー New Official HP

ジェームスアンドチャーリー公式HP。 ジェームスアンドチャーリー ジェームス(日本名:谷川正憲)、チャーリー(日本名:綾部健司)の旅に恋するユニット。 番組『いまからトラベル』にてふたりの素養と、話題の最前線を放送中。 ジェームス 衣装はwomen’sサイズを着用。 小学一年生にして、校歌にビブラートのアレンジを加える経歴を持つ。 類稀なるヴォーカリストとして、日